カナダで英語を学びつつ友達を作ろう!話題のMeet Upに参加してみる。

ある日の学校で、Amyが私に尋ねました。

Meet Upってサイト知ってる?」と。

知らないー!何それ??

無料のイベントを色々探したり、参加したりできるサイトらしいよ!」

ほほう。

さすがITプログラマーのAmy。
ネットでの情報収集には余念がありません。笑


Meet Upってなに?


スクリーンショット 2017-11-12 13.17.43.png

Meet Upは、簡単に言うとイベント用のSNSみたいなもの。

たくさんのグループが登録されていて、カテゴリの中から自分の興味があるものを選んで登録すると
その団体が主催するイベントなどに参加することができます。

スクリーンショット 2017-11-12 13.28.24.png

カテゴリはスポーツ、勉強、飲食、音楽、映画、異文化交流など、本当に様々!
中には有料のものもありますが、無料のイベントもいっぱいありますー!

サイトを利用するには会員登録が必要ですが、
Facebook情報でログインすることもできるので、とってもらくらく♪
友達が参加しているグループなども表示されるので便利です。

私とAmyは、Language&Cultureのカテゴリに登録!
すると色々なイベント情報が出てきます。

無料の英語クラスとかも色々あるんですよー!これは使えそう。

さっそく直近で面白そうなものがないか検索すると、
Mundo Lingoという異文化交流イベントが出てきたので、参加してみました!!


Meet Up初参戦!!


Mundo Lingoは異文化交流パーティを行っているグループ。
地下鉄Davisville駅近くのパブで毎週火曜日19時から行っているそう。

スクリーンショット 2017-11-12 14.03.17.png

登録人数は、なんと3000人以上も!

過去の参加人数も毎回30人〜50人と、結構人気のイベントのようです。
これは期待できそう〜(´∀`*)

少し遅れて会場に着くと、すでにかなり混み合っていました!
入口で受付スタッフに話せる言語と勉強したい言語を聞かれ、国旗のシールを渡されました。

勉強したい言語や興味がある国があれば、服の上に自由に国旗を貼ってアピールして良いのだそう。
ほほうこれは面白い〜(°∀°*)!中には6〜7枚貼っている人も!

かなり人がいましたが、とりあえず着席。
すでにグループになって話し込んでいる人たちばかりで、どうやって入っていこうか〜とモジモジ。

こういうときに堂々と輪に入っていけるコミュ力がほしい・・(´;ω;`)

仕方なくしばらく二人で喋っていると、「その席空いてる??」と男性が話しかけてきました。
彼は近くで働いていて、一緒に来る予定の同僚が残業になってしまい、仕方なく一人で来たとのこと。

もちろん空いてますとも!ヽ(*´∀`)ノ
その友達待ちながら一緒に飲みましょーっってことで、とりあえず乾杯!

IMG_0250.JPG

話を聞くと、彼はロシア出身で数年前にカナダに移民してきたそう。
コンピュータ関連の仕事をしていて、英語はもちろんペラペラ。

自己紹介をして日本から来たっていうと、「Japan!本当にすごい国だよね!!」と
日本の製品やサービスの素晴らしさについて、と熱弁。笑
これ、実はカナダでは(カナダ以外でも)本当に何度も何度も経験しました。

コミュニケーションの一環として、相手の国を褒めるっていうのは普通かもしれませんが
実際に海外で生活してみて、日本製品ってこんなに世界で使われてるのかぁ、と改めて驚きます。

特に、電化製品と車!日本車はカナダでも普通に走っているし、テレビパソコンカメラ・・。
カメラはアメリカやヨーロッパも含め、日本製以外を使っている人ほぼ見かけたことありません。
(最近はアメリカのGo proなんかも流行ってますが。)

もっと自分の国のことをちゃんと知っておかなきゃな・・と思うことも多々あります。

ちなみに韓国のことでよく話題になるのは、K-POP
BIG BANGなど、K-POPは北米でも大人気です。う〜ん、すごい。


ロシア男性にどうしてカナダに移民しようと思ったのかと尋ねると、

「あの国はとにかく住みにくいんだよ。」とのこと。

ロシアから出たくて移民先を探したところ、カナダは条件が良かったので
こちらで大学に通い、卒業後に就職して移民したそう。

「日本にも興味があったんだけど、移民の条件が難しすぎて諦めたんだよ。すごく厳しいでしょ?」

と聞かれたので、
私は日本国民だから、外国人に対する移民システムについては知らないな〜と答えたところ

笑いながら、「君はホントにラッキーだよ。」と。



ラッキー?

日本で生まれたことが?

確かに、フィリピンに行ったときには、やりたいことがあってどんなに働いても
十分なお金を得られない、夢を叶えられない人をたくさん見てきました。
1ヶ月働いても1万円ももらえないなんて話も当たり前のように。

日本で生まれたというだけで、健康でさえあれば、ちょっと頑張って働けば
こうやってカナダに来ることもできる。

それは、世界から見るとすごいラッキーなことじゃないだろうか?


海外の人と話すと、色々なことを考えさせられますねー。


BFE23200-09E9-4B3E-A57B-8361FD8A13AC.jpg
彼の友達も合流。

結局2時間くらいずっと話していました〜。
一度座ってしまうと、なかなか席移動ってしづらい。

こういうときにサクッと別の輪にも入っていけるコミュ力がほし(以下略)

次の日も学校なので、わたしたちは早めにおいとまさせていただきました。

帰り際、「僕らの家このすぐ近くにあるんだけど、良かったらこれから一緒に飲まない?」と
言われたのですが、いい人たちとはいえ、知らない人の家にホイホイ付いていけるほど
肝が座っているタイプではない私たちは、丁重にお断りさせていただきました。

こういうところなのかな・・コミュ力・・(´・ω・`)

友達作りは、序盤からなかなか難航してましたとさ。。


この記事へのコメント